基礎知識」カテゴリーアーカイブ

体を巡るという「巡る」の意味と働き

人間の体内は、水分が60%近くを占める人というのは、よく聞くフレーズですが、巡りの良い体でいることは、「キレイ」と「健康」の基本です。だけど、そもそも「巡り」とはどういう状態のか? どんな働きをしているのか?知っているようで意外と知らないカラダの「巡り」についてです。

昼も夜も休みなく働く心臓は、人間の体が「生きている」ことを、最もわかりやすい形で示してくれる臓器です。ここを起点に血管綱が全身へ広がっています。この血管をすべてを1本につなぐと10万kmもあります。
なんと地球2周半に達するという。人間のの体内には、そんな天文学的な数のネットワークが備わっているのです。

心臓だけがドタンドタンと脈を打って、頑張っても、この壮大なネットワークは半分しか動きません。「心臓の主な働きは、動脈へ血液を押し出すことと、静脈から戻る血液を動かしているのは、主に全身の筋肉です」
心臓から出発した動脈は、体の末梢へ進むにつれて枝分かれしながら細くなり、やがては、毛細血管となる。その後、今度は合流しながら静脈へつながるのですが、途中の毛細血管が非常に細いため、その抵抗で、心臓からの圧力は静脈までは届きません。
だから静脈の血液は、心臓以外の力を借りて戻つてこなくてはいけないということです。
特に大変なのは、脚。足先に下りた血液を心臓まで1m以上押し上げる必要があります。

立ったり歩いたりして収縮するとき、ポンプのように静脈を圧迫し、血流を促します。よくふくらはぎは「第2の心臓」などといわれるのはこのためです。「静脈はゴムのように膨らんで血液をためることができるので、筋肉を動かさないと、中に大量の血液がたまってしまいます。すると全身を巡る血液量が減ってしまうのです。こうなると体は、脳や肝臓など大事な臓器への血流を優先させ、手足などの血流を抑えてしまいます。これが一般的に言われる「冷え」です。

ところで血液は、全身の細胞に酸素や栄養を届ける役割を担つています。細胞は血管の外にあるので、血液もいったん血管の外に出ていく必要がある。

そのしみ出る場所が、毛細血管です。そして細胞に栄養などを届けたあとは、再び毛細血管に戻る。となれば理想的ですが、当然、そうはうまくいかないこともあります。

「運動不足で静脈の血液が滞っていると、染み出た水分が静脈に戻れず、血管の外にたまります。これが女性には大敵の「むくみ」の正体」です。
静脈内にたまった血液なら、多少滞っても筋肉さえ動かせばすぐ流れるのですが、血管外にたまり始めたむくみはちょっと面倒です。

血管内の滞りから臓に処理しなくてはいけないので、解消までに時間がかかってしまうのです。実は、そんなときのために、体はもうひとつの「水分回収ルート」を準備しています。

それが、マッサージのネーミングで有名になった「リンパ管」です。「組織がむくみ始めると、付近にあるリンパ管の末端がかばっと口を開けて、水分を取り入れ始めます。
回収された水分は、リンパ節で浄化されてから静脈に合流し、全身の循環へ戻ります。

毛細血管から染み出る水分量は1日約20Lもあります。
このうち約90%は静脈に戻り、リンパ管に入るのは約10%程度です。量としては静脈に戻る方がずっと多いのですが、リンパ管は、静脈にない大切な働きをしています。
水分と一緒に、細胞外にたまつた脂肪やたんばく質、感染した細菌なども回収します。つまり、むくみを解消しながら組織を掃除し、免疫横能まで果たすのです。完全なリサイクルシステムです。だがこんなにうまくできたシステムにも、弱点はあります。「毛細血管もリンパ管も自律神経が制御しているので、ストレスがかかって緊張すると働きが悪悪くなります。
つまり、巡りの良い体をキープするには、快適な気分でいることがとても大切! というわけです

「巡り」というシステムは、人の体の緻密な計算の中で動いているわけです。その中でも「水」は欠かせないものといえます。
飲み水、肌につける化粧水、どれも安全で安心な水を使うほうがいいことは言うまでもありません。

人間の体に大切な水の3つの役割

人間は、水がないと生きていけないことは誰もが知っている事実ですが、その水について深く、考えたことがないのがほとんどです。実際、水に関する関心が高まっている最大の原因は、水道水の汚染や単純に「水がまずい」と感じていることでしょうか?

水道水のカルキ臭や藻のような臭さは、都市の発展とともにひどくなり、それほど神経質でない人までもが「水道水はまずい、臭い」といったイメージが定着してしまいました。

消毒用に使われる塩素は、それそのものの毒性だけでなく、水中の有機物とトリハロメタンのような発ガン性物質を生成し、日本中の水道水で避けられない状態になっています。
生活防衛マニュアルというサイトでもできるだけきれいな水を選ぶということを強くすすめています。

『水は水道の蛇口をひねればいつでも出てくる』というのは今や常識でなくなっているのが現実です。そんな中、水についてもっと深く考えるべきではないかと思ってしまうのは私だけでしょうか?
人間が生きていく上で欠かせない水の3つの役割を丁寧に追ってみたいと思います。

水の役割は、いまさらですが、血液の主成分として体中を巡り栄養分や酸素を細胞に運搬し、老廃物を尿として排出します。代謝には欠かせない酵素の働きを維持するのも水です。そして肌の潤いを保つのも水です。
水は、人間をはじめとした生物の生命の源なのです。震災などの防災を考えたときに一番最初に行うのも水の貯蓄です。2~3日食べなくても水さえあれば命は絶えません。体内の50%~60%を占める水は、健康を保つために大変重要な役割を担っており欠かせないものです。体内の水分量は、加齢とともに減少します。赤ちゃんの肌が透き通ってキレイななのは、水分をたっぷり含んでいることと、紫外線の害を受けていないためです。この50~60%の水は、体に留まらずに尿や汗、呼吸や便として体外に排出されます。その量は1日で2L以上になるといいます。意識して水分を摂取しなければ体は水分不足となってしまうことになります。

代謝させる

胃から吸収されて血液中に入った水が、体内を巡り、細胞に栄養分と酸素を届けています。酵素の働きを活発にする作用もあります。栄養分をエネルギーに変換する代謝の過程にはさまざまな酵素がかかわり、水が不可欠となります。

老廃物を排出する

体全体に行き渡った水は、細胞から老廃物を受け取って、汗や尿として体外に排出する働きがあります。体の不要物を洗い流す水路となり体内を清潔な状態に保ちます。

肌の潤いを保つとともに体調調節を行う

肌のバリア機能を持つ角質層。ここでの潤いのもとは、汗腺からの成分。肌の潤いにも水は不可欠な役割を担っています。また、肌の水分は蒸発して熱を体外に逃がすなど体温を一定に保つ働きもあります。

ミネラルウォーターベースの化粧水

ミネラルウォーターというと、一般的には、飲用水としてのイメージばかりですが、ここ最近は、化粧水の分野にまで広がってきました。化粧品には、ベースになる安全でミネラル豊富な水が重要なのです。アルコールベースの化粧品が主流だったこともありましたが、肌への刺激を考慮し、また実際に使う女性の声から安全なミネラルウォーターが支持されています。ミネラルウォーターのメリットはやはり安全な点です。普段飲むミネラルウォーターを顔に付けても悪いわけがありません。水に含まれるミネラルの働きで肌の調子を整えることができることに気づいたのです。

肌の美しさの決め手はいかに多くの水を含んでいるかです。人間の体のおよそ60%~70%は水だと言われていますが、赤ちゃんの体は、8割が水です。これが理由で赤ちゃんの肌は美しく、みずみずしいのです。そこで飲んで美容効果を高めるだけでなくフェイシャルウォーターが注目を集めるようになりました。

ミネラルによる肌への効果は、カルシウムによる代謝の改善やマグネシウムの皮膚細胞の増殖を助ける働きなどがあり、肌が水分を保持する機能を助けます。
また、スプレーの霧からマイナスイオンを発生させ、肌への浸透力も増すというわけです。これは、活性酸素を中和する効果があるといいます。ミネラルウォーターベースのフェイシャルウォーターが注目です。

ミネラルウォーターの上手な選び方

ミネラルウォーターは、スーパーでもコンビニでも売られていますが、その数は驚くほどです。一般に流通しているものだけでも400種類もあります。
硬水や軟水、ペーハー、微量ミネラルなど多種多様です。どんな水を選んだらいいのか迷ってしまうのが普通です。
硬水を選ぶのであれば、ダイエット中の女性です。便秘気味の方にも効果があります。硬度が1500以上もあるものあり、胃に重たく空腹感を抑制します。利尿作用やぜん動運動を促進し、美容にもよいでしょう。
サルフェートなどが含まれるミネラルウォーターであれば、新陳代謝が促進され、ダイエット効果も抜群です。
サルフェートが含まれるミネラルウォーター一覧はこちらです。
スポーツなどをした後であれば、汗と一緒に失われたミネラルの補給に、炭酸ガス煎りの硬水などは、乳酸を体外に出す効果があり、疲労回復、肩こり、筋肉痛にも効果を発揮します。

超軟水であれば、赤ちゃんのミルクや身体が弱っていて食欲がない人などが薬を服用する際に合っています。
国産の超軟水はこちらです。
ミルクの栄養成分をいたずらに変える心配がないのも軟水を使う理由です。薬を服用する際に適しているのは、ミルクと同様に成分に影響を与えないためです。
日本国内の水はほとんどが軟水ですから心配いりませんが、こういうことも知識として知っていると役に立つでしょう。

日頃から健康増進のために水分とミネラル補給を目的に飲む場合、飲み方には注意します。ミネラルウォーターのミネラルは、イオン化して水の溶けているので身体には吸収されやすいのですが、一気に飲むと腸が吸収しきれずに排泄されてしまいます。目安は、コップ一杯の水を30分以上あけて飲むとよいでしょう。

おいしい!水の条件

ミネラルウォーターは、身体の機能を高めるための必要なミネラル分を、豊富に含んでいます。ミネラルウォーターは、健康目的だけに飲むのではなく「おいしく」飲みたいものです。ミネラルが適切な軟水であれば、独特な水の甘みを感じることができ、まろやかな口あたりになります。逆に少なすぎるような場合は、間の抜けたような味に感じます。
カルシウムが多いとアクを感じ、マグネシウムが多くなると苦みや渋みが強くなります。外国製の硬水では、こうした味で日本人にはなかなか馴染めない味になっています。

ミネラルウォーターの味は、ミネラル成分に左右されるということです。ペーハーは、6.0の弱酸性かから7.5の弱アルカリ性が舌になじみやすく、水温は15度が最適なのどごしになります。味覚は、個人個人異なりますが、平均して日本人が感じるおいしい水は、普段、飲み慣れている軟水です。軟水飲みやすさを優先するか、ミネラル補給を優先して硬水を飲むかは、飲む人が決めればいいでしょう。
気温、湿度、体調、料理との組み合わせなどそのときの状況に応じて最適な水は変わります。TPOに合わせて水を選ぶ時代といえるでしょう。

  • 料理で硬水と軟水を使い分ける

    料理にもミネラルウォーターは活躍します。使い方によってかなり料理の味も変わります。炊飯の場合は、硬度100ぐらいまでの軟水が最適です。米が水分を吸収してふっくらと炊きあがります。一方、硬水を使うとカルシウムが米の表面に表面に付着して水の吸収を妨げるのでぱさぱさになってしまいます。米がとれる産地の水を使うとおいしい米が炊けるというのは、昔から言い伝えられています。

    紅茶、緑茶といったお茶、コーヒーなども軟水がよく合います。苦み、旨味、香りを引き出します。まろやかな味でおいしく飲むことができます。