ニキビ予防のためクレンジング・洗顔の基本

ミネラルウォーターベースの化粧水を使用するきっかけが「肌荒れ」だったり「にきび」が原因という人が多く、女子の肌の悩みはとにかく深刻です。

スキンケアで最も大切なことは、肌をキレイに保つことです。当たり前ですが、汚れは丁寧に落とさなくてはなりません。基本化粧をする場合、クレンジングの手入れ方法がもっとも大切なポイントになります。
大切なポイントをまとめています。

洗顔は、シャンプーの後に

バスタイムでのスキンケアの基本は、洗浄成分を肌に残さないことです。先端したあとに洗髪をすると、シャンプーやリンス、トリートメントなどの成分が生え際などに残り、その油分でにきびができる原因となります。
シャンプー後にもう一度、髪の生え際を中心にしっかり洗顔をします。

洗顔ブラシやナイロンスポンジはNG

肌をごしごしこするのは、汚れが落ちているように感じますが肌のきめを左右する角質にキズをつけるだけです。小じわが目立ったり、乾燥がひどくなrったり、メラノサイトが活性化してシミや色素沈着の原因になることがあります。
汚れは、洗顔料を丁寧に泡立てればその泡で落ちます。
摩擦がおきないように丁寧に優しく洗うことがポイントです。

すすぎをおろそかにしない

すすぎの目安は、肌をさわったときにキュッとなる感じがするまでです。ぬめりがあるのは、汚れや洗顔料が残っているためです。すすぎ不足は、角質の新陳代謝を鈍くしてしまいます。また、皮脂が過剰になる原因にもなります。
「丁寧すぎる」ぐらいよくすすぎます。うるおいは、ミネラルウォーターベースの化粧水をはじめとした基礎化粧品を使うことで与えるようにします。

クレンジング剤をなじませるときにマッサージしてはダメ!

クレンジングはメイクを落とすもの、マッサージは血行を改善するものと目的が異なります。クレンジングしながらマッサージをすると、せっかく浮き上がってきた汚れを再度、こすることでよけいな刺激が加わり、シミや色素沈着がおきやすくなります。
最近のクレンジング剤は、つけてすぐにメイクを浮き上がらせるものが多く指で軽く滑るくらいのたっぷりの料を顔全体にのばしたらすぐに落とすだけで十分です。

メイクしたまま寝てしまっては絶対にダメ!

スキンケアの中で最悪なのがこれです。ファンデーションと皮脂、汚れを長時間ほうっておくと肌は汚い膜によって皮膚呼吸ができずにいます。角質のすきまや毛穴の奧に汚れが残り、にきびの最大の原因となります。
酸化した皮脂がくすみをまねいたりファンデーションが肌の水分を奪って小じわの原因になります。どんなにしんどくてもメイクだけはしっかり落としてから休むようにします。

脂性肌で何回も洗顔してしまう

皮脂の分泌が多い人でも1日の洗顔は、2回で十分。洗顔しすぎによって必要な皮脂まで洗い流されてしまうと肌は無防備になり、乾燥によってにきびができたり、小じわができやすくなります。
日本人の肌の場合、こうした洗いすぎによる「にきび」が増えています。洗顔の刺激がメラニン色素を活発化させ、シミや色素沈着を引き起こす原因になります。
洗顔後の、基礎化粧品による手入れが十分でない場合もにきびの原因になります。丁寧に洗顔した後には、丁寧にうるおいを与えるようにします。

乾燥肌で乳液をつけすぎている

肌の乾燥は、水分か油分のとどちらか、または、両方が不足していることが原因です。つまり、原因によっては、乳液だけでは改善しないケースもあるのです。むしろ油分が過剰な状態になっておりにきびの原因となっているケースもあります。にきび肌の人は、化粧水でたっぷり水分を肌に与えてから乳液で油分を補うことが基本です。

敏感肌用の化粧品が原因の場合も

肌荒れやにきびがきになって「敏感肌用化粧品」を使っている人もいるでしょう。こうした製品は、有効成分にアレルギーを起こしやすいものが配合されていなかったり、非常に微量しか配合されていないなどの対策が施されています。
ニキビや乾燥肌とはイコールではありません。
そのため、洗浄力が弱かったり保湿力が足りなかったりと逆に肌荒れを引き起こす原因になっている可能性もあります。
[PR]美肌精油ジェルで更年期特有の乾燥肌とかゆみが改善し、潤い肌になる

肌質タイプ別の冬のケア方法(混合肌タイプ/大人にきび肌タイプ/加齢肌タイプ/乾燥肌タイプ)

冬の間、女子達を悩ませるのは、なんといっても「乾燥」。肌質別の保湿ケアがとても重要なポイントです。
冬の乾燥した空気が肌から水分を奪っていきます。さらに気温の低下に伴って、皮脂や汗の分泌も低下します。皮脂と汗が混ざり合って、つくられる皮脂膜が不足すると、ますます乾燥状態が進みます。また、冷えると血流が悪くなり肌の新陳代謝も低下することから、ハリやキメの乱れた透明感のない肌状態に陥ってしまいますり冬の肌は、乾燥と新陳代謝の低下で、角質がパサパサになりやすい状態です。乾燥して角質に隙間ができると、外部からの刺激を受けやすくなりますります。
さまざまな外部要因で肌の質は変化しますので丁寧にケアすることがとても大切です。
次の肌質チェックで自分のあてはまる肌質を診断しましょう。

混合肌タイプ

  • Tゾーンのてかり
  • ほほのつっぱり
  • キメが粗い

大人ニキビ肌タイプ

  • 顔のどこかに常ににきびがある
  • 毛穴が目立つ
  • 肌のべたつき

加齢肌タイプ

  • しわ・たるみ
  • くすみ

乾燥肌

  • つっぱり感
  • 目元の小じわ
  • かさかさで粉がふく

混合肌・大人にきび肌のケア方法

どちらの肌タイプにも自覚症状としては、「ベタつき感」が気になります。しかし、乾燥している時期なので、こキビ肌用の脱脂力の強い洗顔料の使用は避けた方が無難です。普通肌用か、ニキビ肌用でも肌が潤うタイプの洗顔料を使うことをおすすめします。洗い方としては、軽く泡立てて、Tゾーンと小鼻を丁寧に洗いましょう。洗顔後はすぐに化粧水を顔全体にたっぷりとつけましょう。サラっとした使用感のこキビ肌用、または普通肌用のものがおすすめです。
洗顔後に乾燥やかさつきがひどいような場合には、敏感肌タイプの洗顔料に変えたほうがいいでしょう。
いわゆる洗いすぎによる肌へのダメージでにきびが出来てしまっているケースが意外に多く、過剰なお手入れが原因となっています。
ここまでは、混合肌も大人こキビ肌も同じお手入れですが、乳液や美容液を使うとき、大人こキビ肌の人は、目元、口元の乾燥している部分へのスポット使いを。混合肌の人は顔全体に使いましょう。ただし混合肌でこキビがある場合は、こキビの部分への使用は避けます。できるだけ、ストレスをためたあとは、発散するように心がけ、イライラをためこまないようにします。十分な睡眠も大切です。

加齢肌と乾燥肌タイプ

加齢肌も乾燥肌も、乾燥肌用または敏感肌用の洗顔料を使いましょう。軽く泡立てて、5~6秒で顔全体に泡をなじませます。その後はぬるま湯ですすぎ残しのないよう素早く流します。ここで熱いお湯を使うと余分に皮脂が流れてしまい、さらに乾燥の原因となります。
パシャパシャと7~ 回で流し切れるように、泡の量には注意しましょう。
「そっと洗って、さっとすすぐ」。洗顔は絶対にこすらない、やりすぎないことが大切ですりその後、加齢肌の人は、気になるポイントに合わせたスキンケアをしましょう。シミが気になる人は美白ケア、しわ・たるみが気になる人は高保湿ケア、くすみが気になる人は血行改善をポイントにします。
そして血行改善には、ビタミンA・C・Eなどの成分が入った保湿剤を、あたためた手でやさしく押さえるようにしてなじませます。
乾燥肌の人は、洗顔後すぐに、セラミドやヒアルロン酸などが配合された保湿効果の高い化粧水を、たっぷりとつけることをおすすめします。
乾燥がひどく、化粧水がヒリヒリとしみる場合は、直接油分の多い保湿クリームを使う方法もあります。まずは肌状態を改善させて、落ち着いたら、化粧水で肌内部も、しっかりと保湿すると効果的です。

HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法が肌をワンランク美しく!

ほかほかと湯気をたてる湯船が恋しくなる季節になってしまいました。シャワーと違って、ゆっくり湯船で体を温める入浴は、冷えた体を芯から温めるのはもちろん、血流促進による冷え症改善、心身のリラックス、発汗による新陳代謝アップなども期待できます。体を温めることで安眠にも繋がります。

一般的には38~40℃ のぬるめのお湯にゆっくり入って、じわじわと体温を上げるといいとわれていますがが、腰から下をメインに温める半身浴や、ひざ下を湯につける足湯だけでも体は、しっかり温まり、発汗も促されます。
寒さや乾燥で肌のかさつきが気になる、手足が冷たいという人は、発汗や保湿作用のある入浴剤を使ったり、リラックスできる香りの精油を垂らすなどする工夫でリラックス効果もぐーんと高まります。
今までは、半身浴に注目が集まっていましたが、新たな入浴法として、最近話題になっている「HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法」をご存じでしょうか? ぬるめのお湯にゆっくりつかるのではなく、「40~42℃前後で10~20分間」と、熟めのお湯でしっかり体を温める方法です。

専門家によれば、この「HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法」という入浴法で「体をストレスから守る力が高まる」と力説しています。つまり、体の抵抗力を上げ、より健康的な体にするためのきっかけになるということです。少し面倒ではありますが、試す価値はかなりありそうです。
この「HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法」を治療に使う医師もいるほどです。

「HSP]とはストレスで傷ついた細胞を修復し、元気にするたんばく質のことです。「体は“ストレス”と感じますが、細胞が死ぬはどではないソフトななストレスを与えることで、体内のHSPが増え、傷や病気が治りやすくなったり、疲れにくい、カゼやインフルエンザにかかりにくい、低体温体質が改善するといいます。
こうした健康増進作用があることがわかってきたのは割と最近のことだそです。
HSPを増やすストレスは、精神的な緊張や運動、また紫外線や放射線などの環境的要因などさまざまです。「その中で最も手軽で安全なのが熟ストレス」なのです。
「家にあるお風呂を加温装置として使えばHSPを増加させ、疲れにくい元気な体を維持することができます。実際に加温装置を使ったマイルド加温療法を、がん治療の化学療法などと併用する臨床研究が行われているとそうです。

家庭でできるマイルド加温としてのHSP入浴法は、40~42℃ の浴槽に10~20分つかるだけです。体温計を口にくわえ、体温が38℃以上になり、汗が出るのをめどに体を温めます。
入浴後はバスタオルなどで全身をくるみ、熟を逃さないよう10~15分安静に。水分補給も入浴前後で500mlを目標にしっかりと行います。
。大学の研究では、HSP量が最大になるのはHSP入浴を行った2日後でした。ここをピークに1~3 日ぐらいは効果が持続します。
また、体温を38℃ まで上げた人はHSPが約1.5倍に増えたことが確認できました。
階段昇降を行ってデータをとったところ、HSP入浴を行った人の方が、疲労感は軽減されていました。
「大切な日やストレスが予想される2日前にHSP入浴を行えばストレスや疲れが軽減できるといことです。効果の持続から考えて週に2回が効果的でしょう。疲れやすい、元気になりたいという人にはおすすめしたい入浴法です。

先日、「主治医が見つかる診療所という番組でも「カンタン免疫力アップ法 」という内容で、「HSP入浴」が紹介されていました。番組では、低体温が免疫力を下げるということから体温をあげるための手段として「HSP入浴」の活用が紹介されていました。

こうしてみると、美肌というのは、やはり健康な体がベースにあって、そこに美しさがあるといことがわかりました。

こうした入浴法で心地よい汗を流した後にミネラルウォーターベースの化粧水を肌にしみこませれば効果倍増でしょう。