おいしい!水の条件

ミネラルウォーターは、身体の機能を高めるための必要なミネラル分を、豊富に含んでいます。ミネラルウォーターは、健康目的だけに飲むのではなく「おいしく」飲みたいものです。ミネラルが適切な軟水であれば、独特な水の甘みを感じることができ、まろやかな口あたりになります。逆に少なすぎるような場合は、間の抜けたような味に感じます。
カルシウムが多いとアクを感じ、マグネシウムが多くなると苦みや渋みが強くなります。外国製の硬水では、こうした味で日本人にはなかなか馴染めない味になっています。

ミネラルウォーターの味は、ミネラル成分に左右されるということです。ペーハーは、6.0の弱酸性かから7.5の弱アルカリ性が舌になじみやすく、水温は15度が最適なのどごしになります。味覚は、個人個人異なりますが、平均して日本人が感じるおいしい水は、普段、飲み慣れている軟水です。軟水飲みやすさを優先するか、ミネラル補給を優先して硬水を飲むかは、飲む人が決めればいいでしょう。
気温、湿度、体調、料理との組み合わせなどそのときの状況に応じて最適な水は変わります。TPOに合わせて水を選ぶ時代といえるでしょう。

  • 料理で硬水と軟水を使い分ける

    料理にもミネラルウォーターは活躍します。使い方によってかなり料理の味も変わります。炊飯の場合は、硬度100ぐらいまでの軟水が最適です。米が水分を吸収してふっくらと炊きあがります。一方、硬水を使うとカルシウムが米の表面に表面に付着して水の吸収を妨げるのでぱさぱさになってしまいます。米がとれる産地の水を使うとおいしい米が炊けるというのは、昔から言い伝えられています。

    紅茶、緑茶といったお茶、コーヒーなども軟水がよく合います。苦み、旨味、香りを引き出します。まろやかな味でおいしく飲むことができます。

This entry was posted in 基礎知識.