正しいクレンジングを

スキンケアに関する情報もあふれかえっており、間違ったお手入れ法で肌トラブルを抱えてしまっている女性が増えています。せっかく安全、安心のミネラルウォーターベースの化粧水を使っても間違ったクレンジングで肌トラブルを抱えていたら、肌はよくなりません。ここでは、「正しいクレンジング」方法を紹介したいと思います。

いつの間にか、シミができて、まぶたや目尻も黒ずんできた…毎日丁寧にクレンジングでメイクをしっかり落としているのになぜ?
と感じている女性はとても多いのです。
実は、時間と手間をかけるほど肌を傷めてしまうのが、クレンジングです。「こする」「ふき取る」など物理的な刺激は肌への負担になり、シミや色素沈着を招いてしまうのです。
クレンジングの基本を知らないためにトラブルを抱える女性がとても多いのです。

クレンジングで陥りやすい落とし穴は三つ。「こすりすぎ」「落としすぎ」、そして「合わないクレンジング剤を使う」です。

まずは、日ごろのクレンジングの落ち具合を観察してみます。手の甲にいつもメイクをします。そして、いつものクレンジングで落としてみます。メイクが全く手に残らない人は、こすりすぎや落としすぎの疑いがあります。手の甲は、顔に比べて皮膚の溝が深いのでメイクは残る程度でちょうどいいでしょう。
いつもと同じ方法でメイクを落とした際に、かける時間やすすぎの回数もいつも通りに行います。水の温度なども同じにします。表面にうっすら残る程度は許容範囲です。クレンジング剤が合っています。角質が浮かび上がるくらい、色が残ったり、こする回数が3~5回を越える場合は、NGです。

次に、チェックリストで自分のクレンジング方法を確認してみます。該当する項目があれば、

  1. 鏡を見ずにクレンジングをしてしまうことがある
  2. クレンジング剤の量は、なるべく少な目にしている
  3. クレンジング剤は指先でよくなじませてから使っている
  4. ダブル洗顔をしているli>
  5. メイクをしていない日も行う
  6. すすぎはやや熱いお湯を使っている
  7. クレンジング剤は、通年で同じものを使っている
  8. ポイントメイクのリムーバーは使っている

該当する項目が3つ以上の人は、クレジング方法を見直す必要があります。

1~3を選んだ〔こすりすぎ〕

「ほお骨の高い部分のシミ、まぶたの黒ずみ、口の周りの乾燥や湿疹は、強くこすることで起きるケースが多いものです。では、なぜこすりすぎるのか? メイクが残ると肌に染みこんでシミになる、念入りにクレンジングすれば毛穴の汚れも取れるといった誤解があるからでしょう。メイクが多少残っても、皮脂の分泌でいずれ浮き上がってくるので、神経質にならないことが大切です。最後にタオルでゴシゴシ拭くのもNGです。

鏡を見ながら落とせばこすりすぎも落とし過ぎも減る

鏡を見て落ち具合を確認しながらクレンジングすれば、必要以上にこすることも、落とし残しすぎも防ぐことができます。

クレンジング剤の量にも気を付ける

もったいないからと、クレンジング剤の量をケチっていませんか。クレンジング剤に含まれるメイクオフ成分がメイクの顔料などと結合し、なじんでメイクは落ちます。量が少なすぎても、多すぎてもなじむのに時間がかかり、結果、こすりすぎにつながります。

指の腹でなじませる

じませるときには、どうしても肌へ負担をかけがちになってしまいます。落ちにくい小鼻の横や目頭など指先を使いたくなるが、力が加わりやすいのでなるべく指の腹を使うといいでしょう。

4~6を選んだ〔落としすぎ〕

クレンジングは、なるべく短時間で「ササッと」行うのが正しい方法です。クレンジングをなじませて洗い流すまでの時間は、せいぜい40 秒から1 分程度がちょうどいいでしょう。クレンジングのついでにマッサージをするのも、やめた方がいい。皮脂の落としすぎによる乾燥を防ぐには、すすぐ水の温度も重要です。軽いメイクなら常温の水でなでるように行えばいいでしょう。36~37度くらいのぬるま湯をやさしくかけるようにすすぐだけで十分です。

ダブル洗顔でこすりすぎない

クレンジングの後、洗顔をするいわゆる「ダブル洗顔」をするなら、クレンジングの段階ではメイクが6割くらい落ちていれば十分です。次の洗顔の段階でメイクが落ちればよく、2回とも完璧に落とすようにすると、肌を傷めてしまいます。

ノーメークの日はクレンジングは不要

クレンジングはメイクを落とすためのもので、洗うことが目的ではありません。だから、メイクをしない日にクレンジングは不要。洗顔石けんだけで十分に落ちるファンデーションもあるので、試してます。

7~8を選んだ〔クレンジング剤が合っていない〕

夏はパウダー、冬はクリームタイプのファンデーションというように、季節によってメイクを変える場合は、クレンジング剤も併せて変るといいでしょう軽いパウダーファンでなら水や泡タイプ、しつかりメイクならオイルやクリームがいいでしょう。落ちにくいウォータープルーフのマスカラ、ラメ入りのアイカラーなどに専用リムーバーを使う際は、こすらないように注意して。お湯で落ちるマスカラなど、落としやすいメイクを選ぶ方法もあります。

肌やメイクとの相性

クレンジング剤が本当に合っているかどうかは使ってみなければわからりません。イメージや手軽さ、値段で選ぶのではなく、自分のメイクとの相性や使った後の肌状態を見て、判断するようにしましょう。

ポイントメイクの専用リムーバーはなでるように

ポイントメイクを落とすとき、コットンや綿棒でこすると黒ずみになりやすいので注意します。専用リムーバーの代わりに、純度の高いオリーブオイルをコットンで1分くらい押し当ててから、そっとぬぐう方法もおすすめです。

あなたに最適なクレンジング剤

泡タイプ

皮膚への刺激が少なく、肌が弱い人、敏感肌にオススメです。
ソフィーナボーテ

  • 泡で洗い流すタイプ
  • しっかり泡立てる

泡がメイクを巻き取るために手や指が直接振れず、肌に負担がなく落とすことが出来ます。しっかりメイクの人には向きません。泡立てネットで泡立ててから使うとより効果的です。

クリーム&ジェルタイプ

しっかりメイクもしっかり落とすことができます。
エリクシール シュペリエル メーククレンジングジェル
ノブ クレンジングクリーム
肌への摩擦という点では、水やオイルに比べて少なく、泡よりも多い中間タイプです。ジェルは、透明色よりも油が乳化された状態のふ不透明タイプがおすすめです。
ノブ クレンジングクリームは、アトピー肌にも使える医薬部外品。低刺激性のクリームです。

水タイプ

水と油になじむ界面活性剤がメイクを吸収して閉じこめ、コットンに付着します。水のようにさらっと使えるので、時間がない人におすすめです。
ビオデルマ サンシビオ エイチツーオー Dは、本国フランスでは皮膚科医のお墨付き。脂性肌向けにオススメ。

オイルタイプ

するっと落ちる強力パワー。
肌の上でメイクとオイルをなじませ、配合する界面活性剤で洗い流すタイプ。
薬用アクネ ジェントルメークオフ
アクネ菌の繁殖を防ぐ「ACコントロールオイル」を配合。

This entry was posted in 基礎知識.