バスタイムのお風呂の水の塩素を無害化して美白肌に

普段から、ミネラルウォーターベースの化粧水などを使って美容に関心の高い女性には、バスタイムがなんといっても重要。
その理由は、簡単でシンプルなもの。

  • 蒸気で肌が潤い成分が浸透しやすい
  • 毛穴が開くために汚れや角質がおちやすい
  • 血流がアップし新陳代謝が活発になりセルライトが解消する

などです。
水が体内に入る一番の場所は、お風呂場です。やわらかな湯気に包まれ心身共にゆったりできる時間です。癒されるだけでなくお風呂でスキンケアを行えば、肌はさらに輝きます。お風呂にためたお湯の蒸気で毛穴が開くので、こびりついた古い角質、毛穴に詰まったしつこい汚れも落とせるんです。
肌が潤うので、ミネラルウォーターベースの化粧水も浸透しやすくなります。無添加ですから肌への吸収も高くなります。マッサージをすると血流がよくなっているので効果抜群です。

お風呂の水は水道水を使っているご家庭がほとんです。飲み水はミネラルウォーターなどで気づかってもお風呂の水まではなかなか…というのが本音です。水道水の塩素は、肌のバリア機能や角質間の保湿機能を低下させ、乾燥肌を深刻化させてしまいます。
また、皮膚の水分保持機能が低下すると、毛穴も目詰まりしやすくなります。
水道水にはどのくらいの塩素が含まれているのでしょうか?
厚生労働省は、塩素の下限は設けていますが、上限は規定していません。地域差はありますが、0.5ppm以上は、含まれます。アトピー性皮膚炎などの人にはとてもダメージとなる数値です。普通肌の人であれば、2.0ppm以上だと害になります。

この美肌に大敵の『塩素』どのようにしたら害を無害化できるのでしょうか?
まずひとつめが、入浴剤や、お酒、天然塩などの有機物には、塩素を除去する力があります。湯船に入れるといいでしょう。酒、お茶、ビタミンCなどの有機物は塩素を除去する働きがあります。入浴剤などの保湿成分も有機物ですのでよいでしょう。お酒が好きで有れば日本酒などは美肌に効果的です。

ふたつめですが、夏などの暑い時期になるとどうしてもシャワーですませてしまう人が多くなりますが、シャワーの水は塩素の濃度が濃くなります。塩素を除去するシャワーヘッドなどを使うといいでしょう。塩素をカットするシャワーヘッドやグッズが人気を集めています。

3つめですが、これは簡単に行える方法です。一番風呂を避け、2番目以降に入ります。一人暮らしの方はできませんが、2番目以降に入浴することが出来る人は1番風呂は避けます。最初に誰かが入浴すると、6割程度の塩素がカットされます。肌の強い人にはじめ入ってもらいましょう。

女性にとってスキンケアを行う上でバスタイムは、とても重要ですが、このバスタイムをもっともっと有効にできる方法として今回は、塩素カットの方法を紹介しました。

This entry was posted in 美容.