ミネラルウォーターの上手な選び方

ミネラルウォーターは、スーパーでもコンビニでも売られていますが、その数は驚くほどです。一般に流通しているものだけでも400種類もあります。
硬水や軟水、ペーハー、微量ミネラルなど多種多様です。どんな水を選んだらいいのか迷ってしまうのが普通です。
硬水を選ぶのであれば、ダイエット中の女性です。便秘気味の方にも効果があります。硬度が1500以上もあるものあり、胃に重たく空腹感を抑制します。利尿作用やぜん動運動を促進し、美容にもよいでしょう。
サルフェートなどが含まれるミネラルウォーターであれば、新陳代謝が促進され、ダイエット効果も抜群です。
サルフェートが含まれるミネラルウォーター一覧はこちらです。
スポーツなどをした後であれば、汗と一緒に失われたミネラルの補給に、炭酸ガス煎りの硬水などは、乳酸を体外に出す効果があり、疲労回復、肩こり、筋肉痛にも効果を発揮します。

超軟水であれば、赤ちゃんのミルクや身体が弱っていて食欲がない人などが薬を服用する際に合っています。
国産の超軟水はこちらです。
ミルクの栄養成分をいたずらに変える心配がないのも軟水を使う理由です。薬を服用する際に適しているのは、ミルクと同様に成分に影響を与えないためです。
日本国内の水はほとんどが軟水ですから心配いりませんが、こういうことも知識として知っていると役に立つでしょう。

日頃から健康増進のために水分とミネラル補給を目的に飲む場合、飲み方には注意します。ミネラルウォーターのミネラルは、イオン化して水の溶けているので身体には吸収されやすいのですが、一気に飲むと腸が吸収しきれずに排泄されてしまいます。目安は、コップ一杯の水を30分以上あけて飲むとよいでしょう。

This entry was posted in 基礎知識.