肌が化粧水をしっかり吸収するには腸のデトックスも大事

30代以降の吹き出物のほとんどの原因は肌の乾燥によるものです。20代の頃のように洗浄力の強い洗顔フォームでごしごし洗っていたら間違いなく肌はボロボロです。そして大事なのは、日々の生活の中で余分なものをしっかり排出する習慣を身につけることがとても大切です。
もちろんスキンケアも大切ですが、中身の洗浄も大事になります。

現代人の場合、多くが栄養不足よりも余分なものを排出するほうに重きを置いたほうが健康も美容もうまくいきます。人間の遺伝子は飢餓には対抗できるような仕組みになっています。

つまり、体内に溜まった「毒素」を出して、健康的にキレイになろうというものですが、その中でも、おすすめしたいのが、食物繊維を十分に摂って腸内環境を整える「ファイバーデトックス」です。なぜ、食物繊維なのか?

最近の研究では、体内に溜まった老廃物や毒素が、美容に影響をもたらしていることがわかってきました。逆に毒素を排出すれば、体の機能が正常になり、代謝も高まってやせやすい体に変化します。美肌やスリムに必要なのは、体の毒出しです。一時期、流行した「デトックス」です。

体に溜まった老廃物や毒素は、便や尿、汗などから排出されますが、その割合は、便が75% 、尿が20% 、汗が3% 、残りは毛髪や爪などです。つまり腸が衰えて停滞腸に陥っている限り、毒はきちんと排出されないのです。

そこで食物繊維の出番です。食物繊維は、働くことを忘れた腸を活性化させる、必要不可欠なエネルギー源。食物センイの刺激で嬬動運動が活発になり、排便が促され腸内に溜まった老廃物を外へ押し出そうとします。さらに、食物繊維には悪玉菌を減らして善玉菌を増やす腸内環境を整える役割もあります。

便秘解消に食物繊維の摂取を
便秘になってしまったら普段食べる食物繊維より多めに摂ることがポイントです。便秘の場合、水分不足だったり、寝不足だったり、ストレスが貯まっていたりいろんな要因がありますが、腸が蠕動運動さえすれば便は出るので食物繊維を摂ります。

通常、体内のエネルギーは糖質→脂肪の順で燃焼されます(有酸素運動をしないと脂肪は減らなのはそのため)。ところが、食物繊維を摂取すると「短鎖脂肪酸」という物質が生まれ、脂肪を優先的に燃焼するようになるなります。食物繊維には、油や脂肪を含む、老廃物や毒素を溜め込まない体にする働きがあります。

自分で食物繊維を意識して摂っても快便にならない場合や、自炊の時間がない人は、食物繊維の塊といってもいい「イサゴール」などを使うのもいいでしょう。イサゴールで下痢になってしまった場合は、量を減量、逆に出ない場合は、増量します。薬ではないので安心です。

腸の環境が良好になると、ミネラルウォーターベースの化粧水も肌から吸収されやすくなり肌のコンディションも↑↑です。

This entry was posted in 基礎知識.