春のスキンケアガイド 春先に起こりやすい肌トラブルと対策

気温、湿度の変動が大きくストレスをかかえやすい春はトラブルが生じやすい季節

春は、卒業式や入学式、会社では新年度といわれるような別れと出会いの時期です。こうした環境変化に伴う体調変化や花粉などのアレルゲン物質なども原因となり特に敏感肌というわけではなくてもかゆみ、赤み、乾燥、肌荒れなどが起きやすくなります。

滅多に吹き出物などができない肌タイプの人でも膿をもった吹き出物などがでやすくなります。
敏感肌の人であれば、こうした影響をダイレクトに受けやすいので正しいスキンケアを行わないと大変なことになります。

つまり、春は、肌の弱い人も強い人でも普段以上にしっかりと肌のケアに時間をつかったほうがいいということです。肌のバリア機能を意識して整えいつも以上に水分をしっかりと補い、乳液やパック、クリームなどの油分を補って皮脂膜を整えるようにします。
皮脂膜は、皮膚の水分を失わないように働くととともに刺激から皮膚を守る機能もあります。

洗顔で失われた水分を化粧水・乳液・クリームで調整

でケアが詳細に紹介されています。

健康は肌の場合は、皮膚のバリア機能によって花粉や春先のほこりなどの外部刺激からガードされています。もともと肌の弱い人がごしごしこすったり、合わない化粧品で肌表面が荒れてしまう場合もあります。肌表面が荒れてしまうと、外部から異物、雑菌などが張り込みやすくなります。その結果、赤く炎症が起きたり、さらにひどくなると皮がむけてしまうなどの肌トラブルを引き起こします。

ケアにも注意する

この春先のケアは、クレンジングや洗顔といった毎日のお手入れにも注意します。メイクと一緒に保湿に必要な皮脂までも洗い流してしまうためにかゆみや乾燥をよりまねきやすくなります。
肌への負担を減らすために第一には「ナチュラルメイク」を心がけることです。また、クレンジング力が比較的弱いミルクジェルタイプなどを使用するといいでしょう。
スキンケアの場合、シンプルスキンケアを心がけます。メイクもスキンケアもシンプルに行うようにします。
この時期、化粧水がしみる人もいます。こうした場合、低刺激性のクリームやワセリンがおすすめです。



スキンケアでべとつきが気になる場合は、ティッシュで軽く拭き取ってから余計な油分を除くといいでしょう。

洗顔の際にもこすりすぎに注意し、洗顔料は最初にしっかり泡立てて包むこむように優しく洗います。洗顔料を丁寧すぎるくらいによく落とすことも大切です。
洗顔後は、直後から乾燥が始まるので保湿ケアも素早く行います。洗顔と保湿はワンセットと考えます。

紫外線対策も

敏感肌であれば、日焼け止めやファンデーションなどのメイクも敬遠しがちですがとても大切です。紫外線は4月から強くなるため屋外での活動時には必須です。

ファンデーションはパウダー状のものが刺激が少ないためおすすめですが、商品によっては肌にあわないものもあるでしょうからそのような時には日焼け止めとフェイスパウダーだけでもつけるようにします。

春に多いトラブル

日中は乾燥してぱりぱりする

朝のスキンケアをもう少し丁寧に行うと改善されます。朝は、しっかりと保湿ケアも行います。14~16時は皮膚の乾燥が一番ひどくなる時間帯です。携帯ミスとなどで保湿するといいでしょう。

鼻の頭はテカテカ、頬はかぴかぴ

頬が乾燥することで脳は皮脂を分泌するように指令を出し、その結果皮脂腺が多いTゾーンに皮脂が大量に分泌されます。原因は「乾燥」なので保湿ケアを重点的に行います。
皮脂が多いところも脂とり紙などでケアした後に保湿を行います。

目の周囲がかゆい

花粉が目の周りについたり、ついついこすってしまうことが原因です。このかいてしまうことでかゆみがでて赤みとなってしまいます。ちょっと赤くなっている程度であれば普段使っているアイクリームなどで保湿し、軽いかぶれもあるようなら目元のメイクは行わないようにして日焼け止めやパウダーだけにします。
かゆみや炎症がひどうい場合は皮膚科の受診が必要です。

スキンケアのポイント
  1. クレンジング剤はたっぷり使用。少ない場合、肌をこすって傷つけてしまいます。
  2. クレンジングの特性上、汚れを吸着すると感触がふわっと軽くなります。そのサインを見逃さないようにすぐに洗い流すことがポイントです。クレンジング剤そのものが肌の刺激になります。
  3. 洗顔の泡は、量より質重視です。空気を多く含んだ大きな泡よりもきめ細かいクリーミーな泡のほうが肌に密着する面積も多く、効率的に落とすことができます。(肌に炎症がある場合、朝の洗顔は水、またはお湯のみにしておきます)
  4. メークは歯dあに炎症がある場合は、なるべく避け部分メークにきりかえます。自分の肌の状態に合ったスキンケアを行うことが一番大切です。

春の花粉時期に炎症や痒みなどのトラブルがある場合、花粉のアレルギーがある可能性もあります。
花粉症をサプリで改善したい

This entry was posted in 美容.