韓国女性のすっぴん美肌に学ぶ

同じアジア人として韓国の女性がなぜあれほど美白で美しいのでしょうか?カラや少女時代などのメジャーどころを見ても日本人より明らかに肌が白く透明度が高いように思います。
韓国の美しい女性というとやっぱりキム・テヒ(김태희) さん、シン・ミナ(신민아) 、チョン・ジヒョン(전지현) さん、ハン・ガイン(한가인) …たくさんいらっしゃいます。
映画やドラマを見ていてもナチュラルメイクというよりすっぴんに近い美しさにジェラシーさえ感じてしまうほどです。
特徴的なのは、やっぱり実年齢より若く見える人が多いのも特徴です。

どうも韓国では、メイクをしなくても美しい肌を…というところに人気が集まっているためこういったすっぴん肌を披露してしまう人が多いようです。化粧品で肌をキレイに見せるのは古く本来の肌を露出させて「えっ!」と思わせる驚きが流行しているようです。

年齢が若いうちは、誰でももち肌で美しいのですが、ある程度の年齢になってくると、ストレスが影響したり、ケアを怠ったり生活リズムが乱れるようになったりして覿面に肌にあらわれます。

韓国の女優やアイドルたちは、UVケアと保湿を怠らないところにあの美白の秘密が隠されているのだそうです。そしてそのケアと同じくらい大切なのが美白を維持するための美白習慣です。

まず韓国人女性がこだわる7つの美習慣は日本人でも参考になるので紹介したいと思います。無添加ミネラルウォーターベースの化粧水と合わせて参考にしていただけたらと思います。

美習慣その1 「皮膚管理」を強く意識

「韓国」には「皮膚管理(ピプカムリ)」という言葉があり、肌を常にいい状態に保つという意味で、肌荒れがひどい女性には「皮膚管理がいまいちね」といった使い方をします。
単なるスキンケアに比べると、かんり積極的に肌に関わるべし!といったニュアンスの言葉です。
韓国女性は美容にかける時間を長時間確保します。日本人女性が肌に掛ける時間が34.4分に対し、韓国女性は67.6分と日本人の倍の時間を要します。
肌がトラブルをかかえたときにすぐに解消するために「マイ皮膚科」を持つ人も多いのが特徴です。

美習慣その2 保湿に力を入れる

洗顔後のスキンケア、夏は化粧水と美容液や乳液を併用。そして冬期間はそこにクリームをプラスする。日本人の一般的なスキンケアですが韓国女性は違います。
化粧水でふき取り、乳液、エッセンス、クリーム、アイクリームは必須。夏場でもアイテム数は減らしません。クリームを首用、顔用と使い分ける人も多いのが特徴です。
マスクを絶対に欠かさない人が多いのも特徴です。日本では変装や風邪予防のためのアイテムとして定着していますが、韓国女性は、乾燥防止のためにマスクを活用します。
自分の肌は乾燥肌だという意識を強く持ち徹底して保湿に努めるよう心がけています。

美習慣その3 美人の必須条件に「美白」

日本では伝統的に小麦色にやや日にやけた肌を健康的で美しい肌だと言われますが、韓国では常に白い肌が美しさの条件となっています。「皮膚管理」という言葉が使われるようになった15年ほど前からキレイな肌のためにお金をかける人が増えてきました。
ジョキングをする女性は、暑くても長袖長ズボン、サングラス、バンダナが当たり前です。かなり小さい幼児でも母親にUV対策を習慣づけられている人が増えています。

美習慣その4 野菜をたっぷり食べる

韓国の食のイメージに焼き肉がありますが、美白に関心のある女性は野菜をたっぷりと食べます。1日あたり600g弱で日本人の2倍以上食べます。
これは、食習慣、生活習慣の中に組み込まれているので毎日600g程度の野菜を食べます。これは、美肌に欠かせないミネラルやビタミンをしっかり摂取するためです。当然、食物繊維がたっぷり摂取できるので便秘の予防にもなります。便秘も美肌には大敵です。
今、現在便秘に悩んでいるという人は副作用のないイサゴールがおすすめです。
主成分の「サイリウムハスク」は保水性と膨張性が高い食物繊維で、お腹の調子を整える、コレステロールを下げるという2つの働きが認められています。
食卓にはキムチが並び、汁ものにもたくさんの野菜が使われます。焼き肉を食べるときは何枚ものサンチュを巻いて食べます。

美習慣その5 代謝アップ食材をしっかり摂る

韓国では唐辛子を多用する韓国料理が有名ですが、唐辛子には体の中で脂質の代謝やエネルギー代謝を高める作用があるのでダイエット効果が期待できるほか、血流が改善され、肌の新陳代謝も良くなります。
唐辛子と相性のいいにんにくにも脂質の代謝をアップさせたり、血流を改善する働きがありますので相乗効果によりさらに効果が高まります。
にんにくには、美肌効果があるのは有名です。

美習慣その6 キムチ、味噌などの発酵食品を摂る

毎食欠かさずに食べるのがキムチです。飲食店でも脇においてあり好きなだけ食べられるようになっているのも特徴です。キムチは韓国では欠かせない発酵食品です。この発酵を担っているのが植物乳酸菌です。キムチは洗ったり絞ったりせずにそのまま食べる方が乳酸菌を余すことなく摂ることができます。
乳酸菌は、善玉菌の代表です。腸内環境がいいと肌もキレイになるのは医学的にも証明されています。腸内細菌は、毎日便となって排出されるので乳酸菌などはこまめに食べなければなりません。
日本人の場合、おみそ汁は毎日必ず摂るようにするといいでしょう。おみそ汁、しょうゆ、漬け物は最高の発酵食品です。

美習慣その7 温かい汁物を欠かさない

美白美人の韓国女性が欠かさないのが温かい汁物です。忙しい朝食にもたくさんの具を入れてスープやチゲをつくります。日本のおみそ汁よりひとまわり大きな器で具だくさんの熱い汁をたっぷり食べます。
美しい肌を保つには体を冷やさないことが大切です。
全身の血流をよくするためにも温かい汁ものは必須です。
日本人の場合には、具だくさんのおみそ汁がおすすめです。冷えは、腸の働きを悪くし、結果、便秘になったり肌荒れを引き起こしたりいいことはひとつもありません。

This entry was posted in 美容.