夏~秋のかけてのダメージを受けた肌の回復法

皮膚は紫外線から体を守るために、夏になるとメラニンを増やしたり、角質層を厚くしたりします。しかし、紫外線の影響が防御力を上回るようになると、皮膚の中では細胞やどタミンなどの破壊が進んでいきます。
そして、この肌状態を放置しておくと、メラニンの沈着や肌の弾力が衰え、シミやシワなどの老化現象が起こつてきます。さらに、紫外線を長期間浴び続けることで、深いシワが生じ、ひどくなると日光角化症を引き起こすこともあり、さらには皮膚がんを招く 危険性まであります。

洗顔+保湿

夏の時期は、厚くなった角質層にも汗などの水分が含まれ、乾燥はしにくいのですが、空気が乾燥してくる秋には、その水分が抜けて肌のカサつきが日立ってきます。この状態が続くと、角質層のバリア機能が低下し、さらに、健康な皮膚をつくるターンオーバーのサイクルも崩れてしまいます。また、余分な皮脂や汚れが肌に残っている場合も、ターンオーバーを乱す要因になります。こうした夏のダメージを秋に持ち越さないためにも、秋口こそ入念なスキンケアのしどころです。まず洗顔で皮膚を清潔にし、十分な保湿対策を継続的におこない、バリア機能ターンオーバーを正常に整えることで、厚くなった角質層も、自然と通常の状態に戻っていきます。そこで大切になるのが洗顔方法です。

よく泡立てた洗顔料は洗浄力が高まり、肌に乗せて優しく流すだけでも、普通の汚れは十分に落ちます。また、シミや肝斑などは「こする」という刺激が、色を濃くしているケースも多くみられます。
洗顔では、泡で優しく洗うことが基本です。肌にいかにストレスを与えないかがポイントです。
さらにもう1つのポイントは、洗顔後にヒアルロン酸やセラミドなど、保湿力の高い成分を含む化粧水を利用して角質層の水分を逃がさないようにすることです。
さらに、水分の蒸発を防ぎ角質層に水分を残し肌を潤すような乳液やクリーム、パックなどを、夏以上にしっかりと行います。
塗ったまま就寝できるようなパックならば、夜間の乾燥を防ぐのにもよいでしょう。保湿をしっかりすれば、乾燥を防ぐだけでなく、乾燥によるシワ対策としても有効です。

肌に優しい洗顔手順

  1. 清潔な手で手と顔をしっかりとぬらし素洗い
  2. 濡れた手で手早く石鹸を泡立てる(泡立て用のネットが便利)
  3. Tゾーン(おでこ・鼻)から泡をそっと乗せるようにゆっくり優しく洗う
  4. ぬるま湯でしっかりすすぐ(熱いお湯は油分をとりすぎてしまうのでNG)
  5. 顔を拭く時はこすらずにおさえるように水を吸い取る

食事にも気を配る

直接的なスキンケア以外では食事でしっかりと抗酸化作用のある食品をとることも体の酸化を防ぎ、シワやシミなどの予防に有効です。
太陽光を浴びた抗酸化作用のあるかぼちゃにんじん、色の濃い緑黄色野菜がおすすめです。
それ以外にも抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eのビタミン類、ポリフェノールなどを含む食品もおすすめです。
ポリフェノールを多く含む代表的な食品には緑茶、赤ワイン、ココアがあります。

This entry was posted in 美容.