ニキビ予防のためクレンジング・洗顔の基本

ミネラルウォーターベースの化粧水を使用するきっかけが「肌荒れ」だったり「にきび」が原因という人が多く、女子の肌の悩みはとにかく深刻です。

スキンケアで最も大切なことは、肌をキレイに保つことです。当たり前ですが、汚れは丁寧に落とさなくてはなりません。基本化粧をする場合、クレンジングの手入れ方法がもっとも大切なポイントになります。
大切なポイントをまとめています。

洗顔は、シャンプーの後に

バスタイムでのスキンケアの基本は、洗浄成分を肌に残さないことです。先端したあとに洗髪をすると、シャンプーやリンス、トリートメントなどの成分が生え際などに残り、その油分でにきびができる原因となります。
シャンプー後にもう一度、髪の生え際を中心にしっかり洗顔をします。

洗顔ブラシやナイロンスポンジはNG

肌をごしごしこするのは、汚れが落ちているように感じますが肌のきめを左右する角質にキズをつけるだけです。小じわが目立ったり、乾燥がひどくなrったり、メラノサイトが活性化してシミや色素沈着の原因になることがあります。
汚れは、洗顔料を丁寧に泡立てればその泡で落ちます。
摩擦がおきないように丁寧に優しく洗うことがポイントです。

すすぎをおろそかにしない

すすぎの目安は、肌をさわったときにキュッとなる感じがするまでです。ぬめりがあるのは、汚れや洗顔料が残っているためです。すすぎ不足は、角質の新陳代謝を鈍くしてしまいます。また、皮脂が過剰になる原因にもなります。
「丁寧すぎる」ぐらいよくすすぎます。うるおいは、ミネラルウォーターベースの化粧水をはじめとした基礎化粧品を使うことで与えるようにします。

クレンジング剤をなじませるときにマッサージしてはダメ!

クレンジングはメイクを落とすもの、マッサージは血行を改善するものと目的が異なります。クレンジングしながらマッサージをすると、せっかく浮き上がってきた汚れを再度、こすることでよけいな刺激が加わり、シミや色素沈着がおきやすくなります。
最近のクレンジング剤は、つけてすぐにメイクを浮き上がらせるものが多く指で軽く滑るくらいのたっぷりの料を顔全体にのばしたらすぐに落とすだけで十分です。

メイクしたまま寝てしまっては絶対にダメ!

スキンケアの中で最悪なのがこれです。ファンデーションと皮脂、汚れを長時間ほうっておくと肌は汚い膜によって皮膚呼吸ができずにいます。角質のすきまや毛穴の奧に汚れが残り、にきびの最大の原因となります。
酸化した皮脂がくすみをまねいたりファンデーションが肌の水分を奪って小じわの原因になります。どんなにしんどくてもメイクだけはしっかり落としてから休むようにします。

脂性肌で何回も洗顔してしまう

皮脂の分泌が多い人でも1日の洗顔は、2回で十分。洗顔しすぎによって必要な皮脂まで洗い流されてしまうと肌は無防備になり、乾燥によってにきびができたり、小じわができやすくなります。
日本人の肌の場合、こうした洗いすぎによる「にきび」が増えています。洗顔の刺激がメラニン色素を活発化させ、シミや色素沈着を引き起こす原因になります。
洗顔後の、基礎化粧品による手入れが十分でない場合もにきびの原因になります。丁寧に洗顔した後には、丁寧にうるおいを与えるようにします。

乾燥肌で乳液をつけすぎている

肌の乾燥は、水分か油分のとどちらか、または、両方が不足していることが原因です。つまり、原因によっては、乳液だけでは改善しないケースもあるのです。むしろ油分が過剰な状態になっておりにきびの原因となっているケースもあります。にきび肌の人は、化粧水でたっぷり水分を肌に与えてから乳液で油分を補うことが基本です。

敏感肌用の化粧品が原因の場合も

肌荒れやにきびがきになって「敏感肌用化粧品」を使っている人もいるでしょう。こうした製品は、有効成分にアレルギーを起こしやすいものが配合されていなかったり、非常に微量しか配合されていないなどの対策が施されています。
ニキビや乾燥肌とはイコールではありません。
そのため、洗浄力が弱かったり保湿力が足りなかったりと逆に肌荒れを引き起こす原因になっている可能性もあります。
[PR]美肌精油ジェルで更年期特有の乾燥肌とかゆみが改善し、潤い肌になる

This entry was posted in 基礎知識.